田代スキー場でスキーターンの測定

 3月13日~16日、新潟県田代スキー場にて田代スキースクールのご協力を得て、スキーターン時の測定(ビデオ撮影、足圧・筋電図・加速度)を行いました。全日快晴、測定は大成功でした。

 彼末は50代半ばからスキーを始めました。でも、なかなか上達しません(「運動神経」には一応自信はあったのですが・・・)。あるとき田代スキースクールの行方剛先生(早稲田大学の講師を勤めておられます)に指導される機会があり、それこそ目からウロコ、劇的に上達しました(あくまでも主観です)。

 行方先生は「ずらし」という一般の指導者があまり注目しないテクニックを中心としたコンセプトで指導をされています。「ずらし」とはスキー滑走の「ブレーキ」のことです。多くのスキー教室ではブレーキといえばプルークボーゲンだけで、あとはいかにきれいにターンするかしか教えてもらえません。これでは、ブレーキなしにアクセルだけで車を運転するようなものです。「ずらし」ができれば、スピードがコントロールできますので、急斜面でも怖くない。つまりスキーを安全に楽しく滑ることができるのです。ただ、「ずらし」は一朝一夕にはできません。そこで、そのとき上級者はどのように滑っているのか測ってみようということになりました。

 今回の被験者は初心者からオリンピック選手まで、バラエティに富んでいます。測定には後藤君が大活躍してくれました。また、これは大橋君の卒業論文のテーマです。大橋君、解析頑張ってください。結果を楽しみにしています。

*いろいろと測定に便宜を図っていたただきました田代スキースクールの皆様にお礼申し上げます。

(彼末)

実験風景
ターン中の足圧データ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です